ブログ

2018.12.05

死は悲しいのか?悲しまないといけないのか?

先日祖母が亡くなり、

友引が入った関係ですぐに葬儀ができず

間に、通夜も葬儀もない日が入りました。

 

 

「フリータイム」で神戸を楽しもう♪

と思って、下のブログのように

いろいろと行きました。

 

 

 

 

その様子をFacebookにも投稿したら

こんなコメントがありました。

 

 

投稿みて ちょっと 悲しい感じが したのは 

私だけでしょうか? 

大往生だったのは 素晴らしいと 言うか 

安心して 逝ったと思われますが…

ちょっと びっくりした 投稿ですね。

すいません 価値観の違いですね。

 

 

私が悲しまずに、楽しんでいたのが

違和感だったのだと思います。

 

 

「死は悲しまないといけない」

 

 

そういう思い込みを持っているか、

持っていないかの違いだと思います。

 

 

「今までありがとう♡」の気持ちでいっぱい。

 

 

おばあちゃんがいたから私がいる。

子供たちがいる。

 

 

だから、感謝でいっぱいです。

 

 

 

 

葬儀では笑顔でさようならをしよう

と思っていたけれど、

やっぱり涙が出てきました。

 

 

さみしいけれど、

だからといって悲しがって

暗い顔をしていることを

祖母が喜ぶとは思えない。

 

 

少しずつ血圧や酸素の値が下がって

少しずつ安らかに眠って行きました。

 

 

まさに、寿命をまっとうしました。

 

 

葬儀は静かに悲しそうにしないといけない?

 

 

祖父が亡くなり葬儀の時、

まだ小さかった長男次男(と甥っ子たち)を

静かにさせようと思いました。

 

 

「ひいじいちゃんは、

 にぎやかな方が喜ぶよ。

 静かにしなくていいよ、

 たくさん走り回っていいよ。」

 

 

走り回っていた子供たちに、

お坊さんは言いました。

 

 

そういわれた時の安心感。

 

 

だから今回も、

私(孫)が楽しんでいることが

おばあちゃんは嬉しいんじゃないかな

と思っていました。

 

 

色々な考えがあるよね。

夫方の葬儀や法事では

「静かにしなさい」と言われているし。

 

 

少し前に読んだ

かにゆかちゃんの記事

死=不幸ではない、悲しいではない

分かりやすかったなと改めて読み。

 

ぜひ読んでみてください♡

その先のさきこさんの記事も。


元記事を読む...

戻る

検索

ご案内

Happy bouquet
ハッピーブーケ

  • 魔法の夢ノート®講師
  • お金の波動学トレーナー
  • 認定ドレスセラピスト講師
三輪 紘子(みわひろこ)

MAIL

ブログ・SNS




IDは @miwahiroko